審理での素行調査のエビデンス(録音テープのスタイル)

"素行調査(不義探索)において、司法では不倫実行を複数回限りなければ離別理由にあたらない結果、勝訴することが難しくなってくる。
勝つためには、道理を揃えなければなりません。不倫調査の道理を握る為には、旅館へ入って行く写真やVTRがあればいいのですがずいぶん早々に撮れるものではありません。

 

テープレコーダーやボイスレコーダーを忍ばせて手出しの勤め先を削るには、バッテリー切れや忍ばせたレコーダーを気づかれないことが基準とつながるので、こちらも難しいと思います。

 

しかし、レコーディングテープを実証とするには、案外使いやすいつまみ食い調査の方法であると思います。実際につまみ食い先方が分れば、自身で言いだしに向かいレコーディングしておいたり、自身のパートナーのチャットをレコーディングしておく方法だ。

 

しかし、ここには注意が必要になってきます。もしも、あなが採録テープを忍ばせて相手に気づかれないように採録していて証拠として審判で提出したとください。そこで、お客様が脅されて、事例と無関係なことをしゃべったと供述すると、何とか事例とは、違うとしても証拠としてはもろい雑貨となり、やっと用意した証拠が決定的な雑貨とは認められません。ですから交流を設ける際に、採録テープにあなたが採録やることを相手に伝えた上で録りましょう。そうすれば一番証拠となるでしょう。審判ではそのほかに採録データを記事に起した反訳書が必要になります。会社でもかまいませんが、相談していらっしゃる弁護士に申し込むことも可能です。"